事務所の基本方針について

お悩みの方、お困りの方がいらしたら、手助けをしたい、というのが当事務所全員の思いです。私たちは弁護士ですので、手助けできることは法的な問題となります。もちろん、法的かどうか不明なものも手助けできるものであれば喜んで手助けさせていただきたいと考えております。

実現のために

方針1 直接面談
  • お悩みの方は「ご相談」を通じて弁護士からのアドバイスを受けることになります。「ご相談」こそが第一歩であります。すべては相談から始まるわけです。私たちは電話やメールのみの感覚だけで正確な判断をすることはできないと考えています。いわゆる五感を以てご相談者と相対して初めて、ご相談者の悩みに近づけるのではないかと思います。電話やメールだけの声や文字という一つの感覚のみでは「オレオレ詐欺」や「ブラックメール」で判るように真実の内容を掴むことはできません。ちょうど、医師が直接に患者と接することなく診断を下せないのと同様です。

方針2 365日年中無休(第1のハードル解消)
  • お悩みの方にすればすぐに相談に応じて欲しいことが重要なことであります。そのためには、すぐにその機会を得られるかということが大事であります。そこで、当事務所では、365日事務所に弁護士を常駐させていつでもお越しいただく体制を採っています。一般にお仕事をお持ちの方にとって、平日を休むことが困難であるのを理解すれば、土日こそ弁護士業務を行う必要があると思います。

方針3 初回無料法律相談(第2のハードル解消)
  • 医師と違い弁護士費用については「健康保険」制度がありませんので、どんな相談でも法律相談料が生じるのが通常です。しかし、そうしますと、患者が病院に行くのを我慢して病気をこじらせてしまうのと同じ問題が起きます。当事務所は、お悩みの方にとってハードルを無くすことが不可欠であると考えます。第一のハードルは、365日無休体制で取り除くことができます。第二のハードルについては、初回無料とすることにより解消することができます。

方針4 幅広い年齢層の弁護士
  • 当事務所の弁護士は20代から60代まで幅広い年齢層から構成されています。そのため、あらゆる年齢層の皆さまのご相談に対応できると考えております。

  • 弁護士紹介ページへ

当事務所の特色

1. 職人集団
  • 先輩後輩の違いがあるものの、すべての弁護士が同等の資格でありますので自由闊達に意見交換ができる事務所です。それは、全員が職人気質の弁護士であり一人一人がこだわりを持っているからです。個性の違いが際立つ集団が当事務所です。しかし、当事務所の弁護士に共通しているのは、「事件」ではなく「人」をきちんと知ってから最善の解決を考えるという姿勢です。

2.「事件」か「人」か
  • 先日、ある相談者が初回相談でお見えになりました。その方は既にほかの法律事務所を2、3か所回っていたことを相談の終了時に知りました。多少、自己のご意見に執着するような面もありましたが、時間をかけてきちんとお話しを伺いご意見に対する考えや今後の対応をご説明しましたところ、1時間ほどで終わりました。終わった後にその方が「実は、こちらに来る前に2、3か所法律相談を受けたのだが、きちんと話を聞いてくれなくてそのくせ「事件」だから費用はこのくらいかかりますと言う金の話ばかりだったが、先生は最後までお金のことを言わなかったね、よく説明して頂いてありがとう。」と仰って帰られました。この話は、弁護士がご相談者とお会いするときにそのご相談者が「○○事件」を持っている者に見えるのか、それともご相談者という「人」に見えるのかということです。少し詳しく話しますと、弁護士が「事件」と言うのはある程度類型化されたものであり、個々の方がお悩みの事と同一ではありません。一応、そのような類型のことであろうというものです。ちなみに「離婚事件」という範疇がありますが、100人いれば100人のご事情があるわけで同一なものはありえません。そうしてみますと、相談開始ですぐに「離婚事件」と判断して弁護士費用を伝えるのは弁護士として「事件」処理を目的とするもので、その背後にある「人」の悩みを解決することに目が向いていないように思えます。「離婚事件」と言って「事件」化されるよりも、時期を見ることの方がより良い解決になるケースもたくさんあります。そのようなときに、お悩みの方にとって適切な助言を行えるのは「類型化」した「事件」を見るのではなく個々具体的な「人」を知ろうとする弁護士であろうと思います。

  • 費用ページへ
  • テレビ神奈川にてTVCM放送中!
  • 事務所からお届け!ライブカメラ
お問い合わせ
まずはお電話でお気軽にご予約ください。045-650-8211 年中無休

お電話にて、ご希望の日時をお伝えください。ご希望される弁護士がいれば、ご遠慮なくお伝えください。その際、お名前、ご連絡先、ご相談内容を簡単にお尋ねいたします。なお、弁護士には、法律上守秘義務が課せられております。ご相談内容が他に漏れることはありませんので、ご安心ください。